resetかredesignか


皆さま、こんにちは!映寿会みらいグループです。
8月15日は終戦記念日でした。
終戦直後の焼け野原から再び立ち上がった日本ですが、
今回は「resetかredesign」かというテーマで
映寿会みらいグループ・北元理事長の考えをご紹介いたします。

過去変えられなくても、未来は変えられる。

誰しも「人生をやり直したい」
そう思ったことが一度はあるのではないでしょうか。
パソコンであればキー操作一つで
作業をやり直すことができますが、
人生はそうはいきません。
しかし、人生のやり直しは出来なくても、
いったん仕切り直して、
人生をあらたに再設計することは出来ます。

悔やみきれないことがあっても、
昨日は消すことはできません。
しかし、昨日のその悔しさをバネにして
今日を変えることはできます。
そして、今日の行動によって
明日からの未来は変わるのです。

過去-現在-未来

過去を背負い、
今日を抱き、
明日を見つめる。

過去を背負う素直な謙虚さ
今日を抱く強い愛
明日を見つめるしたたかな勇気

コロナ禍にあり多くの人が苦境にある今こそ、
国や企業などのトップに立つ人は、
謙虚さと愛、勇気が必要だと思う。

医療法人社団 映寿会
社会福祉法人 中央福祉会

理事長 北元 喜洋