映寿会みらいグループの事業領域

事業領域

「人が健康である時から我々の仕事は始まっている」を行動指針に
各分野の全従業員が地域のみなさまの健康を第一に考え、地域のみなさまと一緒に歩んで参ります。

事業領域 図 映寿会みらい病院 東洋医学臨床研究所 映寿会みらい病院 映寿会みらい病院 クィーンオランジュ 太陽丘キッズカレッジ 託児所キッズデイ 地域環境への取り組み 施設環境への取り組み 中央福祉会居宅介護支援事業所 シニアホーム太陽丘 福祉有償運送 デイサービスみらい・太陽丘、デイサービスRe+Life みらいのさと太陽 訪問介護事業所みらい ショートステイみらい・太陽丘 みらいのさと太陽 寿晃園 キッズアカデミー 太陽丘保育園

各部門責任者からの挨拶

医療

映寿会みらい病院は1980年(昭和55年)に隣接する東洋医学臨床研究所と特別養護老人ホーム寿晃園と同時期に開設しました。介護老人保健施設みらいのさと太陽も併設し、高齢化社会の良質な医療福祉をめざし、東洋医学と西洋医学を結集し、『人が心身ともに健康で長生きできるように手助けをする』を理念としています。

健診センターは産業医活動や健康診断・人間ドックの予防医学を担当し、メタボリックシンドロームやがんの早期発見を目指しています、健診後の保健指導も行っています。

外来診療は糖尿病・高血圧・脂質異常症に代表される生活習慣病や、慢性疾患や高齢者の医療、漢方外来で総合診療を目指しています。

入院診療は内科疾患の救急診療や急性期に対応する一般病床、在宅復帰を目指す亜急性期病床、難病や長期入院医療が必要な方を受け入れる医療型療養病床で患者様の病状に合わせて対応します。脳卒中、運動器、呼吸器等のリハビリテーションも行い自宅退院を目指しています。

在宅診療は専従の看護師と常勤医師全員が協力し、がん患者様も最期まで自宅で過ごせるように支援しています。

医療機関や施設との連携を大切にし、急性期の治療が終わっても地域の皆様が安心して過ごされます事を願い、全職員が協力し全人的医療福祉をめざします。

医療法人社団映寿会 映寿会みらい病院
院長 前田敏男

介護

「希望と可能性」これが全ての介護サービスに与えられた課題です。 これは元来人としての欲求であり、それぞれの実現に向けて行動をしています。 介護サービスは必要とする人によって内容を変えますが、関わる全ての人が「希望や可能性」を持ち、 あるいは膨らませながら利用していくものだと考えます。

介護事業者側の身体援助技術の向上は勿論ですが、 利用者が持っている希望と可能性を感受できるような援助技術の向上を心がけて運営にあたりたいと考えております。

介護老人保健施設みらいのさと太陽
施設長 地原清司

介護とは、ご利用者の元気を創りだし希望を持ってもらうことです。そのために寿晃園では、ご利用者に家族のように接しています。常に温かい笑顔で接し、ご利用者も職員も笑顔が絶えない施設を目指します。

温もりのあるケア、ご利用者お一人お一人に心のこもったケアを提供します。心やすらぐ環境の提供、ご利用者が安全で安心でき、落ち着いた雰囲気作りを行います。

特別養護老人ホーム 寿晃園
施設長 押野博之

健康

「人が健康である時から我々の仕事は始まっている」

人が幸福な人生を送るための条件で、まず挙げられるのが心身ともに健康であることではないでしょうか。

病院はこれまでは病気を「治療」するという役割が中心でしたが、現代社会においては「予防」という役割が大変重要になっております。

映寿会みらい病院が設立当初より取り入れている東洋医学には、病気になる前の健康状態が少しバランスが崩れた状態を指す未病という概念があります。これは病気ではないが、そのまま放置すれば病気になるという状態のことを指します。この未病の段階で専門家の指導により心身のバランスを整え、健康な状態に戻すことが非常に重要です。すなわち未病予防という考え方です。

上記の考えに基づき多くの人が正しく健康状態を把握し、適切な方法で未病予防に取り組んでいただくため、以下のメニューをご提供しています。

【映寿会健診センター】

  • 定期健康診断
  • 産業医
  • 人間ドック
  • 特定健康診断

【クイーンオランジュ】

  • 生活習慣病の予防(疾病予防運動施設)
  • 未病予防プログラム(病気になりにくい身体づくり、ロコモティブシンドローム対策)
  • 介護予防プログラム(高齢者の体力向上、転倒予防、スクエアステップ教室など)
  • アンチエイジング(抗加齢医学)、老化防止

疾病予防運動施設クイーンオランジュ
統括マネージャー 今川利恵

教育

映寿会グループの教育は、教育途上にある子供たちに様々なプログラムを提供し、その育成に貢献したいと考えています。そのため、子供たちのあらゆる可能性や秘めた能力を最大限に引き出し、また、人と人とのつながりや大切さを併せ持つ子供たちを育てることを目的とし、「学び」と「遊び」による人間形成、自由と規律、権利と義務の情操教育を目指します。

○遊びながらの人間形成 年上を敬う心の育成、 弱者に対する気遣い
○学びながらの人間形成 語学を通じて世界の教育、 様々な書籍に馴染む

大学などの高等教育機関の協力のもと質の高い教育を提供することにより、子供たちの能力を引き出し、ご家族参加型の行事で家族とのコミュニケーションを深め、より地域に密着して、地域住民の子育てのお手伝いをすることにより、働く女性を応援し、少子化問題の解決などの社会貢献を目指しております。

太陽丘キッズカレッジ
校長 岡田悦充

環境

映寿会みらい病院では、地球や自然にやさしい環境の保全に貢献することを責務と考え、職員一同一丸となってCO2(地球温暖化ガス)削減をはじめとする環境保全活動に永続的に取り組んでいます。

医療法人社団映寿会 映寿会みらい病院
事務長 山本一之

  • 事業領域
  • 環境への取り組み